Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

失業等給付の受給資格を得るために必要な「被保険者期間」の算定方法が変わります

login

お知らせ

お知らせ

2020/07/03

失業等給付の受給資格を得るために必要な「被保険者期間」の算定方法が変わります
失業等給付の支給を受けるためには、離職をした日以前の2年間に「被保険者期間」が通算して12か月以上(特定受給資格者または特定理由離職者は、離職の日以前の1年間に、被保険者期間が通算して6ヶ月以上)あることが必要です。
 この「被保険者期間」の参入方法が改正される令和2年8月1日以降は、以下のように変わります。

 今回の改正を踏まえ、賃金支払基礎日数が10日以下の月の労働時間数をお伺いする場合がございますので、予めご了承ください。


カテゴリー

最新の記事

2021/03/24

年度更新書類の記入方法説明動画を配信中!

[お知らせ]

年度更新全体説明会の中止に伴い、書類の記入方法について説明動画を配信中です。動画を視聴いただき...

2021/03/01

労働保険事務組合LINE公式アカウント開設について

[お知らせ]

3月1日より、浜松商工会議所労働保険事務組合のLINE公式アカウントを開設しております。労働保...

2021/02/16

令和3年度雇用保険料率について

[お知らせ]

厚労省より、令和3年度の雇用保険料率について公表され、令和2年度より変更なしとの事です。■令和...

2021/01/07

令和3年度労災保険料率について

[お知らせ]

厚労省より、令和3年度の労災保険率・特別加入保険料率及び労務費率について公表され、令和2年度よ...

2020/12/11

(委託事業所の皆様へ)労働保険料の第3期分請求書・口座振替のお知らせを発送しました

[お知らせ]

(委託事業所の皆様へ)第3期分労働保険料は12月25日(金)にご指定の口座より振替、または振込...